【必見】メンズに流行りのHIFU(ハイフ)って一体なに!?

今、モデルさんの間で流行しているHIFU(ハイフ)

女性は知ってる方は多いと思いますが、男性は初めて耳にした方も多いのではないでしょうか?

メンズHIFU(ハイフ)って一体なに?と言う方に今日は詳しくご紹介したいと思います!

是非最後までチェックしてみてくださいね!

メンズHIFU(ハイフ)とは一体なに?

HIFUとは高密度焦点照射式超音波治療(High Intensity Focused Ultrasound)の略称です。

高密度とはハイパワー、焦点照射式とは、周囲にダメージを与えないということです。

つまり、周囲にダメージを与えない超音波で、メスを使わず、

顔のたるみの原因SMAS筋膜(表在筋膜)の層にまで働きかけることができる機械です。

従来のレーザー機器では肌の奥にあるSMAS筋膜にまで届かず、

高いリフトアップ効果が期待できませんでしたが、

HIFU機器はSMAS層にまで届くので、

切らない腫れないフェイスリフトを実現させます。

医療業界でも注目されている機械です!

メンズHIFU(ハイフ)の注意点

メンズHIFU(ハイフ)は医療機関とエステサロンで受けられます。

HIFU(ハイフ)治療はもともと医療用の治療器具として開発されたものです。

そのため、本来は医師免許が必要です。

しかし、エステサロンでは免許のないエステティシャンによって行われています。

そのため、価格も安く、効果の少ない機械で行われます。

HIFU(ハイフ)本来の効果を感じられないため、

エストサロンでの施術を受けるのは好ましくありません。

また、HIFU(ハイフ)は非常に危険な機械です。

エステサロンでのハイフ機械は弱いパワーの物を使用しているとはいえ

血管や筋肉などの構造に関する知識がない人が扱うのはとても危険です。

やけどや神経損傷のリスクもありますので

ハイフ治療はエステサロンではなく、医療機関で受けることをおすすめします。

メンズHIFU(ハイフ)の種類とは!?

ハイフ治療を受けよう!と思い調べると色々な名前のハイフが出てきます。

ウルセラ、そのクイーンなど、一体どれがいいの?となりますよね・・・

そこでHIFU(ハイフ)の種類について調べてみました

ウルセラ・ダブロ・ウルトラフォーマーⅢ・ウルチェ・ウルトラセル・

リフテラ・W-HIFU・ウルトラスキン・ソノクイーン・・・など

まさかの20種類以上も!

一体何が違うのか分かりませんよね。

ダブロ → 韓国製の医療用HIFU

ダブロシーライン → 韓国製のエステ用ハイフ

ウルセラ → アメリカ製の医療用HIFU など・・・

名前が違うのは、つまりマシン名なんです!

車に種類があるようにハイフにもマシンによって名前が違うんですね。

効果やパワーは種類によって違いますが、

HIFU(ハイフ)の原理は全て同じです。

どの種類が一番良いかは、クリニックの先生と相談し、

自分の悩みに効果のあるHIFU(ハイフ)を選んでもらいましょう!

メンズHIFU(ハイフ)の効果は!?

効果はすぐ実感することもできますが

3ヶ月くらいゆっくりと引きあがり効果があります。

日にちが経つにつれ、どんどん引き上がっていきますので

すぐの実感ができない方も効果がないと決めつけてはいけません。

持続期間は、基本的にやった意味がなくなるわけではありませんので、そういう意味では半永久でしょう。

ただし、たるみは日々進んでいるため、半年くらいで、元に戻ったような気がします。

しかし、定期的にメンテナンスをしてあげることで

たるみやフェイスラインの気になる箇所がなくなると言えるでしょう。

まとめ

[blogcard url=”
メンズHIFU(ハイフ)の紹介いかがだったでしょうか?

メスを使わず、切らないため、整形に抵抗がある方も

簡単に理想のフェイスラインが手に入ります。

また、ダウンタイムがないので手軽に受けれるのではないでしょうか。

男性は女性と違い髪の毛などで隠せない分

メンズHIFU(ハイフ)で理想の小顔になり、素敵な男性になりましょう!

[blogcard url=”https://richmondarmsonline.com/kogao/mens-kogaokyosei/”%5D