【必見】ストレス社会...男性におすすめの睡眠改善薬4選!!

 


 

 

今の世の中、
お仕事や学校、友人関係など
ストレスが重くのしかかることがよくありますよね。

 

 

 

 

それに伴って、夜全然眠れないといった人も
多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

ストレスと眠りの質は大きく関係しています。

 

 

 

 

 

そこで今回は、そんなストレス社会で戦う男性の
ためのおすすめ市販の睡眠薬6選を紹介して
いきたいと思います。

 

 

 

 

 

夜全然眠れない方は是非参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

なんでストレスが溜まるの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】ハミルトン島🇦🇺グレートバリアリーフ(@hamiltonislandjp)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

ストレスとは外部から与えられる

心身への負荷のことを指します。

 

 

 

 

 

人間関係や仕事、家庭などの外部の要因により
与えられる不安や緊張などがストレスとなります。

 

 

 

 

慢性的にストレスがかかることで
起きる反応には不安やイライラ、

うつ症状、意欲の低下などがあります。

 

 

 

 

 

また精神的な症状だけではなく、
肉体にも症状が出ることがあります。

 

 

 

 

 

頭痛や動悸、息切れはストレスによる
肉体症状の典型的なものです。

 

 

 

 

 

 

ストレスと睡眠の関係って!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴犬あき(@sibainu_akiki)がシェアした投稿

 

 

 

そして、人間には交感神経と副交感神経というものがあります。

交感神経は日中に優位になる神経です。

 

 

 

 

 

交感神経が優位になると血管が収縮し
心拍数が増加するため血圧が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

筋肉への血流量が増加することで、
活発に活動するのに適した状態となります。

 

 

 

 

 

 

また脳を興奮させる働きもあり、
眠気を覚まし仕事や勉強などに

適した状態にもなります。

 

 

 

 

 

 

一方で副交感神経は夕方から深夜にかけて
優位になる神経です。

 

 

 

 

 

 

副交感神経が優位になると、
血管が拡張して心拍数が低下します。

 

 

 

 

 

 

血圧も下がり筋肉への血流ではなく、
消化器への血流量が増加します。

 

 

 

 

 

 

 

心身ともにリラックスした状態となるため、

眠気が生じやすく休息に適した状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

睡眠薬と睡眠導入剤は違うもの?

【必見】ストレス社会…男性におすすめの睡眠改善薬4選!!

 

 

 

 

 

睡眠薬は睡眠薬(睡眠導入剤)

と睡眠改善薬の2種類に分類されます。

 

 

 

 

 

睡眠改善薬は市販品として販売されており
薬局でも購入できる医薬品です。

 

 

 

 

 

 

睡眠改善薬とは、
「精神疾患等病的な原因のない人が経験する一過性の不眠」
に対して使用するものです。

 

 

 

 

 

 

対して睡眠薬(睡眠導入剤)は市販されておらず、
病院で処方してもらうことが必要となります。

 

 

 

 

睡眠薬には超短時間作用型、
短時間作用型、
中間作用型、
長時間作用型のお薬があります。

 

 

 

 

 

超短時間作用型

 

 

超短時間作用型とは⾮ベンゾジアゼピン系のお薬で、
言葉の通りお薬の効果がある時間が
非常に短いため睡眠導入のために
用いられるお薬です。

 

 

 

 

マイスリーなどがこれにあたります。

 

 

 

短時間作用型・中間作用型・長時間作用型

 

 

短時間作用型、中間作用型、長時間作用型の
お薬はすべてベンゾジアゼピン系のお薬で、
名前の通り、効く時間がどんどん長くなっていきます。

 

 

 

効く時間が長いということはお薬の作用が
強いということも特徴です。

 

 

 

短時間作用型はデパス、
中間作用型はサイレースなどがよく耳にする睡眠剤でしょう。

おすすめ市販の睡眠改善薬6選

 

この投稿をInstagramで見る

 

West Kent College(@westkentcollege)がシェアした投稿

 

 

 

 

それではおすすめの市販で購入できる
睡眠改善薬をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

リポスミン

 

この投稿をInstagramで見る

 

atchin(@atchin11)がシェアした投稿

 

 

まず最初に紹介する睡眠改善薬は、
リポスミンです。

 

 

 

 

リポスミンは睡眠改善薬の中でも、
最も名の知れた商品なのではないでしょうか。

 

 

 

 

こちらの商品は、風邪薬を含んだ際に来る眠気成分
と同じものが含まれていて、そこまで強くなく一時的な
睡眠改善をしてくれる商品です。

 

 

 

 

 

ドリエル

 

この投稿をInstagramで見る

 

永原英志(@eijinagahara)がシェアした投稿

 

 

 

続いて紹介する睡眠改善薬は、
ドリエルです。

 

 

 

 

CMでも見たことのある人が多いのではないでしょうか?

 

 

 

6錠入っているタイプが1,000円、12錠入っているタイプが
1900円となっています。

 

 

 

 

1回につき2錠の服用で2回~3回までの服用がおすすめされています。

それでも眠れない場合は、
病院などに行くことをおすすめします。

 

 

 

 

ネオディ

 

この投稿をInstagramで見る

 

お夜食 爺さん(@chyari1961)がシェアした投稿

 

 

 

続いて紹介する、男性におすすめの睡眠改善薬は、
Neody(ネオディ)です。

 

 

 

 

こちらも他の睡眠改善薬と成分は同じで、
価格は6錠で839円、12錠で1600円と他の
睡眠改善薬よりも安く購入することができます。

 

 

 

 

グ・スリー

【必見】ストレス社会...男性におすすめの睡眠改善薬4選!!

 

 

 

続いて紹介する男性におすすめの
睡眠改善薬は、グ・スリーです。

 

 

 

こちらの商品はマツモトキヨシのオリジナルブランドで、
主にマツモトキヨシで購入することができます。

 

 

 

 

 

価格は6錠で約1800円ほどと他の睡眠改善薬と
比べて少し高くなっています。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

 

現代のストレス社会を上手く乗り切るために、
あまり強い薬などは使わないで睡眠改善薬を
1度使ってみて効果を試してみてください!

 

 

 

 

それでもだめなら病院へ行きましょう。